年年さんのお題目。

年年有魚の「年年」担当・森下です。
稽古場日記や普段の日記や雑文を発信します。
ままごと「わが星」を観てきた。
観てきました。話題作。
岸田國士戯曲賞を受賞したことに納得。
とってもステキでした。

色んな方が色んな視点で見ているだろうから
その内容やそれに対する感想やらは割愛。

久しぶりに会った宮ちゃんに
「沢山の人に観て欲しいね〜」と
言って劇場を後にしました。

これから全国ツアー、頑張って欲しい。
あわよくば、演劇興味ない人に観て欲しい。
小学生とか中学生に観て欲しい。
外国の方にも観て欲しい。
(ボクの勝手な意見)

昔、堤さんのWSを一緒に受けた青木くんも
出演されていました。初演も出演してたみたい。
(ずっと不義理な自分を反省)

自分のやりたい『演劇』ではなかったけれど
とってもステキな演劇でした。
| 年年さん | - | 03:16 | - | - | -
「トイレット」を観た。

今まで、アレを観ただぁ、コレを観ただぁなんてのは
書いてもアレだから書かなかったけど。


トイレット(荻上直子監督)を観た。


ステキだった。
「めがね」も「かもめ食堂」も「バーバー吉野」もステキだったけど
抜群に良かった。単純に好き。それ以外にない。

良いなぁ、あぁいうのやりたい。
二番煎じとか、そんなの関係なくやりたい。
演劇じゃやっても、なんなんだろうけど。
日本じゃないっても、いいんだろうけど。


3/14からレンタル開始されてます。
ささくれ立った気持ちが安らぐと良いなぁ〜。

| 年年さん | - | 02:40 | - | - | -
明けましておめでとうございます(今更)
気が付けば、新年を迎えてました。
ブログは、ほぼ出来ないと確信しました。
でも、負けません。頑張ります。

先日の忘年会を終え、そろそろ稽古が始まります。
そういう訳で台本を書いています。

宇多田さんが人間活動をしたいと、創作活動を少しお休みしたように、創作活動中は人間の感覚が危うくなります。

今、そんな状態です。
悪気は無いのに、人を傷付けてしまいます。人間中はそこそこ気をつけますが、元来の性格が危ういので、はい。

そんな森下が最近手に入れたのは。
なんと、ツイッター(笑)

@nennenyugyo

今更な感じですが、実は元々持ってました。
つぶやく意味が分からなかったのでやってませんでした。

が、これが、自分の中の言葉や感情を吐き出すのに丁度良いと気が付いたのです。

なので、始めました。

そこそこなネタバレもあります。
一応、年年有魚公式ですから。
ヤバそうなら、個人名に戻します。

例えば、不倫がバラされちゃうとか(笑)
ほら、悪意だ。やんなっちゃう。もー。

面白そうなら覗いてくださいまし。

では、今年も宜しくお願いします!
| 年年さん | 対岸の花火 | 17:50 | - | - | -
演劇大学2010 in 横浜
ようやくブログを更新したと思いきや、またもや告知です。

再演支援プロジェクトの絡みで、演劇大学というワークショップの講師にしていただきました。

でも、申込日までに日数が無いので、申込者がいなかったらどうしようと

このブログにアップしたという訳です。

どうか、どなたか、いらしてください。

--------------------------------

「演技者としての魅力を明確にする」

 

あなたは演技者としての自分の魅力を知っていますか? 私なんて魅力ないからと思っていると、やっぱり魅力的な演技者にはなれません。本当に魅力のない演技者はいないのです。自分の武器となる魅力を知っているか否かで大きな違いが出てきます。自分を知ることで魅力のある演技者になりましょう。短い時間の中で全てを見つけることは出来ないけれど、少しでもヒントになるような時間を共に過ごしましょう。


◎日時と場所
2011年1月22日(土)11:00〜14:00
相鉄本多劇場

◎定員

10名程度

 

◎当日持参するもの

運動に適した服装

◎プロフィール

劇作家・演出家、年年有魚主宰。2002年、演劇ユニット「ベイビーズ・ゲリラ」を結成。合計6本の公演を行い、2006年休止。2007年より、演劇ユニット「年年有魚」を結成。日常会話をベースに、すれ違いや思い違いなどから起きる「微かに潜んでいる揺れ動く感情」を表現することを得意としてする。2011年3月に相鉄本多劇場にて、第4回再演支援プロジェクト(リバイバルチャレンジ#4)「未来永劫」を再演予定。


◎申込みと問い合わせ
横浜SAAC事務局
「演劇大学 in YOKOHAMA」係
TEL 045-319-2150(13:00〜18:00)
FAX 045-319-8981
〒220-0005
横浜市西区南幸 相鉄ムービル3F 相鉄本多劇場内

※所定の用紙は相鉄本多劇場などで配布(私も持ってます)
--------------------------------

おこがましいったらありゃしない感じで恐縮ですが、頑張ります。

あわよくば、今後の出演者も見つかると嬉しいなぁ〜と思ってます。

お近くに参加希望の方がいらっしゃいましたら、宜しくお願いします。
| 年年さん | - | 03:06 | - | - | -
羊を一匹買いました。


この間の日曜日、中野で羊を一匹買いました。

丸々、一匹。
生きた羊を。

多分。

事の真相は、有魚さんのブログでも触れていますが。

中野zeroホールで、モンゴルの遊牧民一家を題材にしたドキュメンタリー映画が上映されていました。
それに一枚噛んでいたのが、平田裕子さんで、お誘い戴いたので、有魚さんと観に行ったのです。

内容は、2000年頃にフジテレビで放送されていた「グレートジャーニー」という番組二本分を纏めたであろう感じで、とても良い映画でした。

そのドキュメンタリーに登場するスレンさんが、リーマンショックなどの影響で遊牧民の生活が出来なくなり、家畜も足りない状況だそうです。
そこで、映画の監督が立ち上がって、カンパを募って家畜を増やそうという計画をしていました。

で。
二歳羊が一匹、約3000円なんだそうです。
ま、そういう訳で、羊を一匹買ったという訳です。

どさくさに紛れて、監督とトークゲストだった昇太さんと一緒に撮影。
カメラは平田裕子さんです。豪華。

もし興味があれば、連絡を下さい。
お待ちしています!
| 年年さん | 対岸の花火 | 00:43 | - | - | -
そういえば、完治
100502_1420~01.jpg
いつの間にか、4月が終わってました。
ブログの更新は、どうやったら毎日出来るようになるんでしょう。

南場さん、良いアイデアがあったら、連絡下さい。

包丁(肉用)でぱっくり行った指のキズは、キズパワーパッドのおかげで完治しました。
あの時は、どうなるかと思ったけど、自分の治癒力に感謝です。

さて。

そろそろ、公演の準備に入ります。
チラシと台本ですね。

夏らしい話にしたいです。

では、良いゴールデンウィークを!
| 年年さん | 対岸の花火 | 14:43 | - | - | -
三茶で散歩
100408_1315~01.jpg
三軒茶屋に来ています。
散歩道楽さんの「かいぶつのこども」という公演のお手伝いです。

昔は制作を色んな現場でお手伝いしてました。
散歩道楽さんもその一つです。

制作の石井さんには、年年有魚の受付などでお世話になっているので、その恩返しです。

久しぶりの制作お手伝い+票券担当の責任で、テンパるかも知れません(笑)

頑張ります。


散歩道楽
「かいぶつのこども」
三軒茶屋・シアタートラム
2010年4月8日(木)〜12日(月)
http://www.sanpodouraku.com/
| 年年さん | 日常 | 13:16 | - | - | -
朝から大慌て
100331_0807~01.jpg
久々の更新です。

今朝は、ちょっと早く目覚めたなって思って、気分が良くなって、昨日洗わずに置きっぱなしの包丁を洗ってましたら、切りました。

指をぱっくりと。

あたふたしながら、止血をしたけど、止まらず。

パワーパッドを貼りましたら、止まりました。
いとも簡単に。

さすが、最先端技術。
| 年年さん | 日常 | 08:22 | - | - | -
稽古
18日に顔合わせしてから、二回目の稽古。
残念ながら、台本はありません。
例のごとく。

実は、先週末に寝込んでたんです。
3日間くらい。だから、台本も遅れて。
うん。

次の稽古は3日後。
それまでには、何とかしたいもんです。

南場くんも体調壊しながら、カレーを食べてたみたいなんで、本当に気をつけたいですねー。
| 年年さん | Bench Time | 21:38 | - | - | -
チラシ完成
先週、急いで入稿したチラシが完成しましたー!
やたー!

なかなか良い感じです。

今回、部数が少ないので、あんまりお目にかかれないような気もしますが、何とか折り込みしたいと思います。

それにしても、印刷というのは難しい。
思った通りには絶対にならない(泣)

それが楽しみでもあるんだけど、はがゆいところでもあるなぁーと。

多分、知識の問題な気がする。
何となくやったらダメなんだなー。

でも、早く見て欲しいです。
| 年年さん | Bench Time | 19:59 | - | - | -
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>

このページの先頭へ